小学校で起こる、子供同士のトラブルを上手く解決する方法

小学校で起こる子供同士のトラブル、子育てしている方は経験されているのではないかと思います。
私自身、現在小学生の親なので色々な体験をしてきました。きっとこれからも沢山の経験をしていくでしょう。
低学年ならではのトラブルや女の子同士のトラブルなどジャンルは様々です。学校での様子は親が見ていない分、トラブルが起きた時は子供の意見しか分からないので親の介入をどこまでしたら良いのかと頭を悩まされている保護者の方も多いと思います。
まず初めに子供からお友達の事で相談をされた時はどんな状況に関わらず、まず子供の気持ちを共感してあげる事です。「そんな事分かっている!」と思う方も多いですが、いざ相談されると「○○ちゃんはどうしたの?」「それであなたは何て言ったの?」と先行きが気になって色々な質問をしている自分に気付かされます。何も問い詰めず、心底共感をしてみてください。そして「いつまでも味方だからね」と言うと、子供は安心してふとした瞬間に詳細を話してくれます。
「学校に行きたくない」などと発言が大きくなった場合は学校の先生と連携を取って次のアクションを考えるべきだと思います。十人十色なので子供も親も色々な人が居ます。ただ忘れないで欲しいのは子供同士のトラブルにはまず共感してあげる事、そうすればきっと道は開けると思います。