スマホ依存症の子供を立ち直らせるための方法

最近の情報社会の急速な発展に伴い、子供がスマホ依存症に陥ってしまうことが増えています。何をしていても、どこにいても必ず片手にスマホがないと落ち着かないという症状です。30分もスマホを手にしていなければ、イライラしたり集中力がなくなってしまいます。スマホ依存症の子供達の多くはゲームやSNSに夢中になって離れられなくなるケースが多いです。学校や社会に実在する友達は少なく、コミュニケーションの相手は専ら顔さえ知らないSNSの中にいる人なのです。そういう子供達が何とか人間関係をうまく構築させていくための訓練を行っている地域があります。そのプログラムの中身は、とにかくスマホがなくても安定した精神を維持し、スマホのない生活の中で自分の世界を見つけていくというものです。最初は戸惑う子供達が多いですが、自然の中での遊びや動物たちとの触れ合いを通して現実社会を知り、スマホがなくても実社会の中で真の友人を作っていくことができるようになります。