マイホームの部屋をそれぞれ担当制で決めても良い

マイホームは夫婦間でもめることもありますが、どちらもそれなりにこだわりがあるという場合は、それぞれ担当する部屋を分けるとスムーズにいくこともあります。まあ、わが家がそうなのですが、二人の意見を完全に一致させることが難しいと思いましたので、それで部屋を担当制にしたのです。

たとえば、キッチンや寝室は奥さん、トイレとバスルームは旦那さんといったように。それぞれ「ここはこうしたい」と、より明確なイメージがある部屋については、意見を優先させることにしたのです。「いや、私だったらここをこうしたい」という意見がなかったわけではないのですが、しかし部屋の担当はあちらだった場合は、ゆずるようにしたのです。

すると、それまで衝突もあってマイホームの話し合いにしても、わりとスムーズに進むようになりましたからね。まあ、住宅だのマイホーム云々の前に、夫婦間の問題のような気はしますけれど、しかしながら、それぞれの部屋を担当制にするという決め方もひとつの手だろうということで。