子供の夢を親は認めてあげて!

親は子供に夢を託しがちですが、親の夢は親の夢であって子供の夢は子供の夢として尊重しなくてはいけません。親って自分の子供を自分の分身のように感じてしまうところがあるので子供にいろいろ押しつけたくなるのかもしれません・・・。

でもそれはやらない方がいいこと。子供には子供の夢があります。将来なりたい職業にしても進学先にしても、子供には子供が夢見ている将来があります。それを親が勝手にあれこれ押しつけたり子供の夢を否定してしまってはいけません。

子供が好きなら子供を大事だと思うなら、なおさら子供自身に先々のことを決めさせてみましょう。それが失敗だっていいじゃないですか。私は子供が決めたことで失敗したからといって子供に「それ見たことか!」なんて言いません。

「失敗も成功のうち」という話をするだけです。人間誰しも失敗をしながら成長しているではありませんか・・・。「親の夢は親の夢」「子供の夢は子供の夢」として親は認めてあげるべきです。