こどもはたくさん考えているという事

我が家では、子供の自発的な行動を促すために「先回りしない子育て」を心がけています。

「先回りしない」と言うのは、私達親はつい、喉乾くからこれ飲んでね、お腹すいたからこれ食べようね、などと子供の行動を先回りしてあれこれやってあげてしまいますが、これをしないという事です。悪い事だから、という理由ではありません。やってあげなければならない事もたくさんあります。ただ、いつもそうやって先回りしてしまう事でほんとに子供が欲していたものややりたかった事を見過ごしてしまっていることもあるような気がするのです。

実際私が言わなくても喉が乾いたら飲み物取りに来ます。だとしたら私が飲み物を飲ませた時ほんとうは何をしたかったんだろう?そんな些細な疑問がきっかけでした。おもちゃで遊びたかったのかもしれない。おもちゃではなく外に行きたいのかもしれない。外ではなく眠たかったのかもしれない。

それを知る事はきっとすごく大事な事だ!と思い、私たちはあえて先回りをやめ、何をするにも子供に確認するようになりました。「お茶飲む?それともお腹すいた?遊びたい?」正直全部を理解はしていないと思います。あれこれ聞かれて困ったような顔をしている時もあります。しかしその成果なのか、その時したい事を一歳7ヶ月にしてきちんと口に出して伝える事ができます。話せる言葉も理解力も同じ年頃の子よりはるかに多く、簡単な文章も話す事ができるようになりました。言葉によるコミュニケーションが取れるようになったことで、子育ても楽になり、何より今、子供と会話を楽しめることがとても嬉しいです。

ちなみに聞いて困っているような時は、ルールは無視しします。あくまで心がけです(笑)