小さめの建売り住宅は尚更しっかりチェックする!

「もう老後の人生だし、マイホームは小さめでいい」と狭小住宅にカテゴライズされるような
狭小住宅を購入するのはちょっと待ってみてもいいでしょう。
考え直せとは言いませんけれど、とくに小さめの土地に建てられている建売り住宅の場合は念入りのチェックは必要です。

「安かろう悪かろう」とは言いませんが、小さめの土地に建てられる住宅の多くがローコスト住宅を
目指してつくられていたりしますので、資材が安っぽかったり設備が最低限のものだったりしますからね。
ですから、「土地や住宅は小さめがいい」けれど、「住宅は小さくでも住宅設備はそれなりのものを」
と考えているご家族の場合は、なんなら注文住宅にした方がいい場合もありますからね。

注文住宅は必ずしも高くつくというわけではありませんので。
小さめの住宅であっても欠陥が目立つようでは元も子もないというものかも知れません。
小さめの建売り住宅すべてが悪いとは言いませんが、そのようなケースもあるということを
頭の隅っこにでもおいて、住宅設備から生活の音などもしっかりチェックをしておいた方がいいでしょう。