ママ友との付き合いはそつなく無難に

幼稚園やスポーツ少年団、それに部活動などにて、ママ友との付き合いの必要性を実感する人もいることでしょう。「子供のためにも、親御さんたちともっと仲良くなっておかなきゃ!」といったように。けれども、子供が中学生、高校生、大学生と成長していったらわかりますから。ママ友を作ろうとあんなに努力しなくっても良かったんじゃないかなーということが。

いや、ダメだとは言ってはいませんよ。家族ぐるみで旅行に行ったり今でもお付き合いのあるママ友だっている人もいますから。しかし、自分の柄にもなく過剰に気を遣って、積極的にママ友とあそぶ必要はなく、卒なく無難に接しておけばよかったんじゃないかなーということが、後からわかってくるのですよね。小さい子供の子育て中は、一歩離れて考えてみることがなかなかできなかったりするのですが。

ですから、人付き合いが苦手でしたら無理をしなくてもいいのです。ママ友との距離も適度に保ったままでも、とくに困ることもないですから。グループに入れずに疎外感を感じたとしても、大抵の人はいい大人ですから、だからといって何か危害を加えてきたりはないものですから。気にしないのが一番です。