遊びたい父、寝させたい母

多くのママさんは子供の就寝時間に気をつけていますよね。私もそうです。我が家の息子(1歳)は9時にはかならず眠りに入ってもらうよう、夜8時を過ぎたら照明を暗くしたり、テレビを消したり、寝る前の本を読んだり…と就寝へ向けての儀式を毎日淡々と行っております。平日はパパの帰りも遅く、ほぼ朝から夜まで私一人で世話をしているので、大変ではありますが自分のペースで毎日のスケジュールをこなすことができます。ただ、せっかく平日に整えた生活リズム、週末になると崩れるんです。なぜならパパが息子と少しでも長く過ごしたくて、息子が夜更かし気味になってしまうからです。私からしたら、週明けの昼寝のリズムから夜の就寝時間に影響するので、平日と同じリズムで過ごしてほしいのですが、まず夜9時まではお布団にも入らず、きゃっきゃと遊んでいます。しかも、逆立ちさせたり体をぶんぶん動かしたりして、かなりアクティブです。これでは息子も興奮して布団に入ってもすんなり寝てくれるわけありません。結局寝るのは10時、10時半とかなりな夜更かしに。パパ、息子と遊びたい気持ちはわかるんだけど、息子も喜んで遊んでいるんだけど、息子がスムーズに就寝できるように少しは配慮してほしいな…という思いで週末の寝かしつけをしている私です。思っているだけではなく、パパの遊びたい気持ちを汲み取りつつきちんと話し合いをしなければいけませんね。